iPad Pro + Apple Pencil + Procreateで絵を描く環境が激変した話

最近仕事で使用しているiPad Pro(& Apple Pencil)にイラスト制作アプリのProcreateをインストールしたらあまりの快適さに制作環境が一変しました。


これまで(iPad Pro + Apple Pencil + Procreate導入前)


画材のコストがかかる、修正が大変、スキャン〜デジタルの手間がかかる、作業環境が限られる、などアナログ環境だといろんな制約やデメリットがあります。
(もちろんアナログで描くメリットもたくさんあります。)

いま(iPad Pro + Apple Pencil + Procreate導入後)


どこでも絵を描ける、作業できるという環境は非常に快適です。

印刷用の解像度の高い絵も描けるため(ただしProcreateは高解像度に設定すると最大レイヤー数が減る)、ラクガキだけではなく仕事用途での絵を描くことも可能です。
実際に仕事でイラストを制作する機会があり、Procreateで描いた絵をA1ポスター出力も問題なくできました。



iPad Pro + Apple Pencil + Procreateで描いたイラスト

最近あまり絵を描いていなかったので勘を取り戻すためにいろいろと落書きを描いてみた














テストgifアニメ

Procreate & Photoshopで作成したgifアニメ




関連記事(こちらも合わせてどうぞ)

Procreateで“金沢店構え”を描いてみた



快適な理由(iPad Pro + Apple Pencil + Procreateのメリット)


  • 制作場所を全く選ばない・どこでも描ける
  • とにかく楽しい
  • 感覚的に紙での描き方に近い
  • 現在の板タブ+Macよりはるかに手軽(持ってないが液タブよりさらに手軽)
  • 手軽なのでやり直しや手間における精神的なハードルが低い
  • Procreateがよくできていてクオリティが高い絵が描ける
  • タイムラプス動画が書き出せる(※以下参照)
  • Air Dropでデータの共有が簡単・メールなどで誰かに送ったりSNSでシェアもできる

Procreateで書き出したタイムラプス動画


ちょっと不満を感じるところ・デメリット

  • バッテリー問題(夢中で作業していると意外と減りが早い)
  • 『iPad Proに接続』というApple Pencilのスタイリッシュなようでイマイチな充電方法(※Apple Pencil付属のアダプタを使えばlightningケーブルに接続して充電することもできます)
  • Procreateの機能がちょっと足りないところ(手軽な選択範囲の反転・クリッピングマスク・Painterのオイルパステルっぽい描き味のブラシがない)
  • グループ単位での不透明度設定ができない
  • キャンバスサイズを後から変更できない
  • レイヤー数の上限(大きな画像ほど追加上限レイヤーが少ない)

Procreateのブラシを追加して表現の幅を広げる

Procreateプリセットのブラシがかなり強力ですが、追加購入で強力な制作環境が整いました。
ブラシに関してはいまのところ文句なしです(Painterのオイルパステルっぽいブラシがない以外は)。

300個以上入っていて超おすすめのブラシセット(Creative Market)


300個以上あります(クオリティも高い)


ドット系


スクリーントーンっぽい演出に


アクリル系やパステル系など


プリセットのやつよりクオリティが高いように感じたパステル系


インク(水彩)系


和(筆)っぽい雰囲気にも使える水彩系もありで、もはやいたれりつくせりです


作画環境の変化


Mac無しのお手軽な環境で落書きから業務用制作まで

仕事で本格的な絵を描くときにはMacにてPhotoshopとPainterを使っていましたが(Painterでラフ〜着色・Photoshopで色調補正やその他の加工)、iPad Pro +Procreateでラフ〜着色まで作業して、細部の調整や画像加工をMacで行うスタイルになりました。


RSS 2.0 Login