【Procreate】iPad Proで描いたイラストをベクターデータにする方法(クリスタ・その他イラストアプリもOK)


【iPad Proで描いた手描きイラスト|Procreateなど】イラストのベクターデータ化

***はじめに

Procreateでの方法・手順を紹介していますが、Photoshopでもクリップスタジオでも、とにかくピクセルデータのイラストなら何でもOKです。

イラストをベクターデータ化する方法を紹介します。

(Procreateを頻繁に使用するという理由もあり)ひとまず今回はProcreateで描いたイラストを元に解説していきます。


ベクター系のドローイングソフトを使えばいいのでは?、と思われるかもしれませんが、
・Procreateなどの描きやすい(描き慣れた)ソフトを使いたい
・ベクター系ドローソフトに慣れていない
・イラスト系アプリの描き味が好き

と、とにかく慣れたアプリで描いたピクセルデータ(ラスターデータ)のイラストをキレイにベクターデータ化できれば問題無し(むしろ最高!)というわけです。

ベクターデータ化のメリット

  • (まずは何と言っても無劣化・拡大しても荒れない安心感)
  • 拡大しても画像が荒れないため、どんなサイズにでも引き伸ばせる
  • 名刺、看板、ポスター、その他オリジナルグッズなど、様々な出力に対応できる(ベクターデータじゃないと対応できない出力物もある)
  • svgで書き出せるので、svgアニメーションなどウェブでのさまざまな表現にも利用できる

ベクターデータ化の大まかな流れ(手順)

  • イラストを描く
  • イラストをイラストレーター(Adobe illustrator)で開く
  • イラストを『トレース』
  • ベクター化
  • カラーリングなどの調整
  • 完成

作業開始

まずはProcreateなどでイラストを描く

イラストをベクター化したい場合は白黒で描くことをオススメします。

フルカラーで描いたイラストのベクターデータ化は
・データが複雑になりすぎる
・きれいにベクター化できない(無理がある)

・データが重くなる
という理由であまりオススメできません。

まずは白黒で描き、Adobe illustratorでカラー化するとキレイに仕上がります。


Procreateで描いたイラスト。白黒の2階調です。

Adobe illustratorでイラストの読み込み

イラストをパソコンに送り、Adobe illustratorで開きます。
(または既に作成済みのデータ上で画像を開くかドラッグ&ドロップで読み込みます)

Procreateから書き出す際のファイル形式は、jpg、psd、png、tiffなど、Adobe illustratorで読み込めればなんでもOKです。


描いたイラスト。これをパソコンに送り、Adobe illustratorで開きます(または既に作成済みのデータ上で読み込みます)。


Adobe illustratorで開きました。これは既に作成した.aiデータ上に適当にドラッグ&ドロップで開いています。

『画像トレース』

画像を選択して『画像トレース』を実行します。
すると画像がザックリとトレースされます(ベクターデータの一歩手前の段階)。

最初にトレースされた状態では精度が低いため、画像トレースの詳細設定を行い、もともとのイラストに近い形でベクターデータに変換します


画像を選択して『画像トレース』を実行します。するとザックリとトレースされます。


最初にトレースされた状態では精度が低いので、画像トレースの詳細設定を行います。

『画像トレース』の詳細設定

『画像トレース』の詳細設定をします。

オススメは
・カラーではなく白黒モード(階調が増えるほど精度が下がるため)
・カラーで行う場合は、可能な限り色数を少なく
・『詳細』> パスの数は多め
・『詳細』> ノイズは少なめ(ざらつきを出したいときは多め)

という方法です。

ここで微調整を行い、好みの仕上がりになるように設定します。

『詳細』からパスやコーナーを増やすことで、もともとのイラストに近づいていきます。
ノイズの調整も仕上がりに影響を与えるので、数値を色々と試してみましょう。
※複雑なイラストほど、処理に時間がかかります。


設定したあとは『拡張』を選択して、ベクターデータ化します。


カラーモードはオススメの『白黒』。『詳細』からパス・コーナー・ノイズの数値を微調整します。しきい値をいじると線が太くなったり細くなったりします。


カラーイラストの場合はこんな感じで。色数が少ない方がパスの精度は上がります(パスにした後の仕上がりもキレイ)。


好みの仕上がりになったら『拡張』を選択してベクターデータに変換します。

ベクター化されたイラストの処理

ベクター化されたイラストを加工していきます。

・色付け(カラーリング)
・パスがおかしい箇所の調整
・シャドウをつけたりなど、好みでスタイリング


色付けに関しては、
・ちまちまと手作業でパスの塗りを変更して着色
・ライブペイントで一気に
・ブラシツールで

など、様々な方法がありますが、シンプルなイラストの場合はひとつずつ『塗り』を変更して行い、複雑なイラストの場合はライブペイントでの作業がオススメです。


『拡張』を押したらベクター化された!


とりあえずイラストの周囲の白い部分を取り除く。


ブラシツールなどを使用してカラーリング。いい感じに仕上がってきました。


量産化。扱いやすい & 応用が効くのもベクターデータの魅力です。

完成

ベクターデータに変更した後は、用途に応じて最終仕上げを行って完成です。

この方法で、手描きの雰囲気をあまり損なうことなくベクター化できるので、様々な用途に使用することができます。


完成!

【紙】アナログでの手描きイラストもベクターデータに変換してみよう

紙などに描いたイラストのベクターデータ化

紙などに描いたアナログイラストも簡単にベクターデータ化できます。

【手順】
・(紙に)イラストを描く
・スキャナーでイラストをスキャン(スキャナーが無ければiPhoneやデジカメで撮影しても大丈夫です)
・Photoshopで画像調整
・Adobe illustratorでベクターデータ化


───────────

紙に描いたイラストとスキャン(デジタルデータ化)

スキャナーが無ければiPhoneやデジカメで撮影しても大丈夫です。

iPhoneのカメラレンズは広角なので画像の歪みにご注意ください。
なるべく明るい場所での撮影がオススメです。


【サンプル】メモ帳に描いた落書き


スキャナーでイラストのスキャン。iPhoneで撮影しても大丈夫です。※iPhoneのカメラレンズは広角なので画像の歪みにご注意ください。

Photoshopで画像編集

スキャン(または撮影)した画像をPhotoshopで開いて、キレイにベクター変換できるように加工します。

・レベル調整
・グレースケール化

あたりを使用して、キレイなモノクロ画像になればOKです。


レベル調整で線がクッキリとなるように調整します。


グレースケールに変換するとうまく処理できます。きれいな白黒2階調になればOKです。


白黒2階調に調整された手描きイラスト。

Adobe illustratorでイラストの読み込み〜ベクターデータ化

あとはデジタルイラストの変換方法と同じく、Adobe illustratorでイラストの読み込み〜ベクターデータ化するだけです。


Adobe illustratorでイラストの読み込み〜ベクターデータ化


完成 & バリエーション作成。

イラスト以外の用途・ベクターデータの作成

手描きロゴの作成

上記のやり方で、イラストのベクターデータ化だけでなく手描きロゴなども作ることができます。


【サンプル】同様のやり方で、こんな感じの手描きロゴなども作れます。


【サンプル】ロゴが作成できたら、いろんな用途に応用することができます。

実際に仕事で行ったベクターデータ化〜出力の事例

大型出力(プリントアウト)事例


大型出力(プリントアウト)事例

企業の営業用自動車にラッピングを行った(カーラッピング)事例です。

iPad Pro とProcreateで描いたイラストをベクターデータ化して、自動車の側面のサイズに合わせて出力。
※ラッピング作業は専門の業者さんに依頼しました。

Procreateで描いたイラストでも、ベクターデータに変換処理を行うことで、様々な用途で利用することが可能になります。


RSS 2.0 Login