新型iPad Pro(2018)レビュー:iPad Pro & Procreate で快適な絵描き環境【プロ向け制作も】


新型iPad Pro(2018) レビュー

新型iPad Pro(2018) レビュー(おもに絵描きさん向け)

iPad Pro(第2世代)と比較してみての感想

・大きさ(小さくなった)
・Apple Pencilを使用した作業(絵を描いたりなど)の劇的な改善
─── Apple Pencilの軽量化
─── 充電方法の簡易化
・スペックの進化、処理速度のアップ
・充電も速くなった

・USB type CでUSBハブやカードリーダーも接続可能
─── 撮影した写真や動画を即編集できる


上記のほかにSmart Pholioが思ったよりも便利で、テキストを快適に入力・編集できるようになりました。
この記事も新型iPad Pro & Smart Pholio で書いています。

電池容量とメモリの比較


iPad Pro 12.9(第2世代) iPad Pro 12.9(2018) iPad Pro 10.5(第2世代) iPad Pro 11(2018)
電池容量 10307mAh 9720mAh 8134mAh 7812mAh
メモリ 4GB 4GB(1Tモデルのみ6GB) 4GB 4GB(1Tモデルのみ6GB)

電池容量は12.9インチ版と11インチ版の両方とも新型モデルの方が少なくなっています。

たしかにちょっとバッテリーの減りが速いです。


iPad Pro、Smart Pholio、Apple Pencilの3点セット


iPad ProのUnboxing。本体、充電用アダプタ、ケーブル、定番のステッカーも。


iPad Pro 12.9の比較。iPad Pro(2世代)に比べるとやはり小さい。


iPad Pro 12.9の比較2。新型はApple Pencilが好き勝手に転がっていない点も嬉しいです。


実際にカフェなどで作業してみると、その作業のしやすさに小さくなった恩恵を実感します。(家で比較するよりもサイズ差を体感できる)

もはや絵を仕事にしている人にはマストアイテム

イラストレーター・漫画家・デザイナーなど、絵を描く仕事をしている方にとってiPad Pro(2018)はもはやマストアイテムと言っていいのかもしれません。

・どこでも仕事(絵を描く作業)ができる
・アナログと違って紙を無駄にせず、リテイクし放題
・パソコンとの連携が楽(クラウド環境があれば尚更)
・スピーディーな作業ができる
・作業での負担や制約が減った分、クオリティに集中できる
・macの場合はAir Dropでファイル共有がスムーズ&快適
・iPad側のスペックも問題ないので、高解像度の作業も可能
─── 出版や印刷前提の作業もできる


iPad Proは絵に特化したタブレットというわけではないので、絵を描かない方でも仕事(作業)に役立ちます。
(メモ、タスク管理、スケジュール管理、動画や写真加工・編集、その他)


優雅な作業@カフェ。真面目に作業してます。


Procreateでイラスト制作

絵を描く仕事が多いデザイナーがiPad Pro(2018)をどのように使っているか

絵を描く仕事が多いデザイナー、つまり自分の場合、以下のように使用しています。
(個人的な好みもあってProcreateばかり使用していますが…)

・Procreateでイラスト制作
─── (web用、広告やフライヤーなど出版用、カーラピングなど大型出力用)
・Procreateで作業の絵コンテやラフスケッチ制作
─── デザインのラフ、アプリのモックラフ、ウェブデザインのワイヤーフレームなど
・イベントやセミナーでグラフィックレコーディング、グラフィックファシリテーション
・アニメーション制作(※↓『下記アニメーション制作について』参照)
・Procreateで打ち合わせ中のメモ
・メモ系アプリでメモ
・エディタ系アプリでテキストワーク(記事や打ち合わせ用)
・打ち合わせでのプレゼン
─── イラストや写真、その他映像の確認、
・メールとウェブ(Wi-Fi or iPhoneでテザリング)
・写真編集(Lightroom CC)


Procreateでメモをとったり、ラフスケッチを気軽かつ本格的に描ける点は非常に便利&優秀で、いまやiPad Pro無しでの仕事は考えられません。

*****

【周囲にいるデザイナーさんたちの用途は】
自分の身近にいるデザイナーさんたちを見ていると、
・イラスト
・メモ
・ラフスケッチ(アプリデザインや設計、ウェブデザイン、その他)
・写真や動画加工〜編集

・漫画制作(CLIP STUDIO PAINT)
といった用途が多いように感じます。

iPad Proでのイラスト制作率は非常に高いです。
僕は使っていませんが、CLIP STUDIO PAINTの利用率もけっこう高い印象です。

【アニメーション制作について】

ProcreateとAfter Effectsを連携させることで、アニメーションを作ることも可能です。

↓こちらの記事もどうぞ



Procreateについて


バージョンアップしてさらに使いやすくなったProcreate

Procreateは新型iPad Pro(2018)が発表される前に『近々ビッグアップデートが来るよ。 』というアナウンスをしていました。 そして、アナウンス通りに新型iPad Pro(2018)の発表後にアップデートがリリースされ、さらに使いやすいドローイングアプリへと進化しました。

これまで弱点だった点が改善されています。

あらためてProcreateのメリット

  • 感覚的に紙での描き方に近い(iPad Proの視差の少なさも含めて)
  • ブラシの豊富さ
  • ブラシが優秀なのでアナログライクな絵も描ける
  • 高解像度の絵も描ける(→印刷用途もOK!)
  • 2本指タップで『戻る』など、タッチ(ジェスチャー)コントロールの快適さ
  • Photoshop(.psd)形式ファイルへの対応
  • タイムラプス動画が書き出せる
  • Air Dropでデータの共有が簡単・メールなどで誰かに送ったりSNSでシェアもできる
  • 描きやすいので絵を描く以外にも活用できる(メモやデザインラフなど)

アップデートで対応した機能(一例)

  • クリッピングマスク
  • 図形
  • キャンバスサイズの変更
  • 新Apple Pencilへの対応(おもにダブルタップ関連)
  • 選択範囲のぼかし
  • ストークの入り抜き(漫画系のペンブラシは重宝しそう)
  • 変形機能の強化
  • ギャラリーのプレビュー

【対応してほしい!】まだ弱点な部分

  • グループ単位での透明度変更
  • 変形後の絵の劣化
  • レイヤー数の上限数
  • PNG8書き出し

オススメのブラシセット

プリセットだけでは物足りないので、ブラシセットの追加をオススメします。
自分でもいろいろと探しましたが、Creative Marketのブラシセット(Procreate Brushes BUNDLE)がイチオシです。
ちょっと値は張りますが、種類が豊富 & 購入後もアップデートされて追加ダウンロードできます

正直、『多過ぎ!』というくらい詰め込まれてます。

Procreate Brushes BUNDLE


Procreate Brushes BUNDLE

【Procreate】iPad Pro(2世代)と新型iPad Pro(2018)での性能面比較

  • 高解像度の絵を描く場合、新型の方がスムーズ
  • 小さめの絵を描く場合はほぼ違いなし
  • 新Apple Pencilのダブルタップが便利(誤動作もけっこうありますが…)
  • 新Apple Pencilの充電しやすさが素晴らしい
  • iPad Pro(2世代)12.9【256GB】と新型iPad Pro(2018)【512GB】で比較した場合、上限レイヤー数は同一
  • 新型はタイムラプス動画の書き出しが速い

iPad Pro(2世代)と新型iPad Pro(2018)の性能面比較。ディスプレイがきれいになったらしいです。確かに色味がよくなった気はしますが、それほど大きな差は感じません。

Procreate以外のアプリやその他のメリット

Lightroom CCでの作業

Lightroom CCでの写真現像、加工、編集も非常に便利です。

Procreateで描いたイラストをLightroom CCで管理、加工することもあります。

Photo by いちがみトモロヲ
https://www.instagram.com/ichigami/


Lightroom CCでの写真現像、加工、編集


Lightroom CC加工前


Lightroom CC加工後(フィルム風)


Smart Folio で広がるテキストワークの可能性


Smart Folioがとても使いやすいのでテキストワークも快適になりました。

以前からiPad用のキーボードはあったので何度か検討しましたが、あまり使いやすいと思わなかったので使用していませんでした。
が、今回のSmart FolioはiPad Proとの連携・携帯性が優れているため即導入。

メモやメール・書類作成など、テキストワークがやりやすくなりました。
Procreateで描いたイラストを書類に挿入〜メールで送信、といった作業もスムーズにできています。


オススメのテキスト編集アプリ:Bear

ギャラリー

新型 iPad Pro (2018) & Procreate で描いたイラスト

届いて間もないのであまり数は多くありませんが、新型 iPad Pro (2018) & Procreate で描いたイラストです。






探してみてください









探してみてください



Procreate & After Effectsで作ったショートアニメ


↑意味不明な内容ですが、Procreate と After Effectsでアニメが作れる参考ということで…。


オススメのiPad Pro(iPad)関連グッズ


Apple 12.9インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 256GB シルバー MTFN2J/A

・[仕様]12.9インチ/Wi-Fiモデル/容量:256GB
・[ディスプレイ]Liquid Retinaディスプレイ(解像度:2732×2048)/IPSテクノロジー/耐指紋性撥油コーティング/反射防止コーティングなど
・[チップ]64ビットアーキテクチャ搭載 A12X Bionicチップ
・[カメラ]12メガピクセルカメラ/ƒ/1.8絞り値/デジタルズーム(最大5倍)/露出コントロール/ノイズリダクション/自動手ぶれ補正/タイマーモードなど
・[ビデオ]4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)/手ぶれ補正機能/連続オートフォーカスビデオ/ノイズリダクション/再生ズーム
・[スピーカー]4スピーカー


Apple 11インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 256GB スペースグレイ MTXQ2J/A

・[仕様]11インチ/Wi-Fiモデル/容量:256GB
・[ディスプレイ]Liquid Retinaディスプレイ(解像度:2388×1668)/IPSテクノロジー/耐指紋性撥油コーティング/反射防止コーティングなど
・[チップ]64ビットアーキテクチャ搭載 A12X Bionicチップ
・[カメラ]12メガピクセルカメラ/ƒ/1.8絞り値/デジタルズーム(最大5倍)/露出コントロール/ノイズリダクション/自動手ぶれ補正/タイマーモードなど
・[ビデオ]4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps)/手ぶれ補正機能/連続オートフォーカスビデオ/ノイズリダクション/再生ズーム
・[スピーカー]4スピーカー


DTTO iPad Pro 12.9 ケース 2018モデル 強力磁気吸着式の背面 超薄型 新しいApple Pencilにワイヤレス充電対応 プレミアムレザー 三つ折スタンド オートスリープ機能 スマートカバー 2018秋発売のiPad Pro 12.9に対応 ブラック

・iPad Pro 12.9(2018年秋発売)用カバー
・新しいApple Pencilにペアリングとワイヤレス充電に対応
・磁気吸着式の背面
・フタの開閉と連動して画面の電源ON/OFF
・外側はプレミアム合成皮革、内側は耐久性に優れた超繊細なマイクロファイバー


書き味向上ペーパーライク 保護フィルム iPad Pro 12.9インチ (2018) OverLay Paper OKIPADPRO2018/1

・表面の特殊加工により、まるで紙に書いているような描き心地を実現しました。書き心地は、紙に鉛筆で描いている時のようなざらざらとした質感が特徴です。また、特殊シリコーン粘着剤を使用しており、自然にエアが抜け画面に気泡が入りにくくなっています。光沢表面処理を採用した高光沢タイプに比べ、書き味向上ペーパーライクタイプは映り込みを抑え画面を見やすく作られています。絵を描く方に最適な保護シートです。
・対応機種 iPad Pro 12.9インチ (2018) 第3世代


RSS 2.0 Login