iPad Pro & Procreateで『鳥山明の世界』カバーイラストを模写してみた

【難易度★★★★★】『鳥山明の世界』カバーイラストに挑戦

iPad Pro & Procreateで『鳥山明の世界』カバーイラストを模写してみました。

以前、iPad Pro & Procreateで宮崎駿氏の水彩画の再現を試した際、エンピツの主線はトレースしたのですが、今回は一切トレースなしのガチ模写です。

模写するイラスト


鳥山明氏の数あるイラストの中でも、とても好きなイラストのひとつです。

現在、この本は非売品のため購入不可になっています。
中古本屋さんやネットオークション等を探すと、たまに出品されているようです。
※イラスト自体はドラゴンボールの画集に収録されています。(ページ最下部にリンクあり)

メイキング動画

イラスト制作工程の動画です。

Procreateでタイムラプス動画を書き出し、Adobe Premiereでさらに2〜5倍速にしています。


制作の過程・下描き〜完成まで


1:ラフスケッチ・下描き


まずはラフスケッチで当たりをつけるところから始めます。

複雑なイラストのため、ラフ〜下描きを繰り返して細部を詰めていきました。
下描きだけで2時間くらい掛かっています。

※下描き〜主線はCreative Marketで購入したブラシセット(超オススメです)から鉛筆系やペン系をメインに使用しました。
【Creative Market】Procreate brushes bundle [75%OFF]


ラフ。まずはざっくりと当たりをつけていきます。


ラフをベースに詳細度を上げて下描き。


下描きをもとにさらに下描き。細部の詳細度を上げていきます。


下描きの修正。オリジナルのイラストを詳しく見ながら、絵のバランスを調整していきます。



2:ペン入れ(主線を描く)

下描きした絵の不透明度を下げ(要は薄くして)、ペン入れをしていきます。

アナログのGペンで描かれた線を意識しながら描き込んでいきました。
所要時間は4〜5時間程度でした。


下描きをもとにペン入れ。ベタ入れも同時に行います。


バイク、パーツがかなり細かいです。


複雑すぎるため、ガイドの補助線を描いて正確に描き進めます。


主線完成。描き忘れが多々あり、カラー作業の際に追加で描き込みしてます。

3:着色

イラストを見ながら、ひたすら塗ります。

バイクのパーツごとの塗り分けとカラーインクのぼかし描写にかなり苦戦し、もっとも時間が掛かった作業になりました。

カラー作業を始めてまもなく、ぼかしの再現をするためにどのブラシで塗れば良いかわからず、ブラシ選択に苦戦…。
いろいろと試行錯誤した結果、ぼかしツール > パステル で何とか似た雰囲気を再現することができました。

全体的に渋めの配色で、彩度と明度が低めのカラーばかりだったので、色を正確に選ぶのも苦労しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【レイヤー】
いつもはカラー作業でけっこうレイヤーを量産しますが、今回はレイヤーは分けずに基本的に1枚で進めました。
銃の持ち手の部分(木目)の再現と仕上げ用にレイヤーを追加した程度です。

↓レイヤー構造はこんな感じ。
・主線レイヤー
・仕上げ用レイヤー(テクスチャブラシでアナログ感の再現)
・詳細な箇所(銃) | 塗り分け用カラーレイヤー
・カラーレイヤー
・下描きレイヤー
・ラフスケッチレイヤー


まずは陰影をつけずにベースカラーを着彩。その後デティールへと塗り進めます。


服の着色。ぼかしツールでカラーインクぼかしの再現。


服の着色。


靴の着色へと進む。


バイクの着色の途中。パーツの細かい塗り分けが大変です。


前輪に取り付けられた銃の着色を残すのみ。


ほぼ完成。この後、アナログ感を再現するために軽くテクスチャ(スプレーブラシ)を追加します。

4:完成

カラー作業のあと、軽くカラー調整を行って完成です。

イラスト制作の所要時間は全部で20時間程度でした。


完成画

ドラゴンボール画集


DRAGON BALL超画集 (愛蔵版コミックス)

ドラゴンボール初のイラスト集!!
連載開始から現在までの400点超のイラストを収録!!
劇場版最新作『神と神』のイラストも全掲載!!
高精細印刷で鳥山明の美麗イラストを極限まで再現!!
さらに特別インタビューで鳥山明が自身の絵を語りつくす!!


30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集─SUPER HISTORY BOOK─

ドラゴンボール30年、大冒険の超記録。30年もの歴史の中で生まれた数々の「お宝」を収録!


RSS 2.0 Login