【Bluetoothスピーカーテスト】JBL Charge3 vs JBL Flip4 vs Anker SoundCore

Bluetoothスピーカー3機種のサウンドレビュー


最近購入したBluetoothスピーカー3機種のサウンドレビュー動画を作成しました。

まずは(できれば画質1080pで)動画をご確認ください。
動画ではわからない部分も多いので、以下に個人的な感想を追記します。

【比較動画】JBL Charge3 vs JBL Flip4 vs Anker SoundCore




JBL Charge3


JBL CHARGE3

◆防水(IPX7)に対応し、モバイルバッテリー機能を搭載した高音質Bluetoothスピーカー
◆最大20時間の連続再生を実現
◆充実のワイヤレス機能

  • 3機種の中で一番大きい
  • 音も大きい
  • 低音がすごい
  • バッテリーはそこそこ持つ
  • 防水機能なし
  • 起動音が大きくて立ち上げるたびに驚かされる
  • フラットモード(低音強調なしモード)無し

思ったよりも低音がかなり大きく、自分の好みからはちょっと外れていたのが残念でした。
逆に低音が鳴る方が好きな方はかなりハマると思います。

2台あればステレオで使えるモードがあるようですが、1台しか持っていないので試したことはありません。

ボディが大きいので出音には余裕があり、小さいスピーカーにありがちな “がんばって鳴らしてる感” が少ないのは良いと思いました。ボリュームを最大にしても歪んだりしません。
野外で大音量で鳴らすにはこのくらいのサウンドバランス・出音じゃないと厳しいので、小規模なイベントなど野外での使用には良いと思います。

JBL Flip4


JBL FLIP4

◆防水機能 IPX7 に対応/2台接続でステレオ再生可能
◆音楽再生:最大約12時間
◆100台以上接続できる「JBL コネクトプラス」 機能搭載
◆Siri, Google Now ボイスアシスタント機能対応
◆低音の厚みを増強させるパッシブラジエーター搭載
◆サイズ、重量:68×175×70(mm)、515g
◆付属 :充電用USBケーブル

  • 手頃な大きさ
  • 意外と低音が出る
  • 高音〜低音まで、出音のバランス・鳴りは3機種中もっとも良い
  • バッテリーはCharge3と同程度。そこそこ持つ
  • 防水機能あり
  • 起動音がやはり大きくて驚かされる
  • フラットモード(低音強調なしモード)あり

小さいボディーと重量の割に低音〜高音までバランスの良い出音で音質はとても良く、今回比較した3機種の中では一番気に入っているスピーカーです。
割と小柄なスピーカーにも関わらず、ボリュームを最大にしても音割れやノイジーなサウンドになりません。不思議です。
Charge3と同じく、こちらも2台あればステレオで使えたりするようですが試したことはありません。

Bluetoothボタンと音量(-)ボタンを同時に長押しすると低音が弱く鳴るフラットモード
が搭載されているらしいのですが、長押ししてもフラットモードになったかどうかがイマイチわかりません(ランプが着くとか何かサイン音が鳴るわけではない)。低音が思ったより出るので、減らしたいと思っても結局減らせないのはちょっと残念でした。

値段も手頃なので個人的には一番のオススメ機種です。

Anker SoundCore


Anker SoundCore

長時間連続再生 高音質Bluetoothスピーカー
製品寸法 約165 x 45 x 55mm 製品重量 約360g

Anker: 2000万人以上が支持するブランド
- 業界最先端技術による製品
- 18ヶ月保証
- 99%の高評価

  • 手頃な大きさ
  • 強調された低音は出ない
  • 『いつ電池切れるんだ?』と思うくらいバッテリーはかなり持つ。
  • 防水機能なし

Bluetoothスピーカー入門品というか、値段が安い&音が良い&バッテリーが持つ、と音にこだわらない方には特に問題なく満足に使える機種です。(故にアマゾンでは売れまくっている)
僕は2台持っていますが、どちらも気軽に使えて気に入っています。

不満があるとすれば『JBL製品に比べると低音が弱い』くらいですが、自分は低音があまり欲しくないので、正直言うとこれでもけっこう満足しています。

音質が改善されて(?)、防水機能のついたAnker SoundCore2という製品も出ているようです。


RSS 2.0 Login