【iOS用外部マイク】SHURE MV88・ZOOM iQ7 レビュー

【iOS用外部マイク】SHURE MV88・ZOOM iQ7のサウンドテスト動画を作成しました。
音質比較の参考にご覧ください。

サウンドテスト動画


SHURE MV88 vs ZOOM iQ7 vs 外部マイク無しという内容です。

録音した音にエフェクト類は一切なし、録音の際にもリミッターやコンプレッサーは掛けていません。

サウンドテスト動画2(ハイレゾ対応レコーダーも追加した比較動画)


↑ SHURE MV88 vs ZOOM iQ7 vs 外部マイク無し
に加えて、Roland R-07(ハイレゾ対応)とZoom H1を加えた音質比較動画。

個人的には、R-07が頭一つ飛び抜けている印象です。

こちらも録音した音にエフェクト類は一切なし、録音の際にもリミッターやコンプレッサーは掛けていません。

SHURE MV88 レビュー


SHURE MV88 のメリットや特徴

  • SHURE製のiOSアプリが素晴らしい
  • アプリ側で録音時の設定が細かく調整できる
  • 動画用アプリもあって、MV88を使った動画撮影もできる(→ライブ録画など)
  • マイク無しと比べると、音は格段に良くなる
  • 別途ICレコーダーなどを用意しなくてもiPhoneがあれば手軽に録音できる
  • 小さい・軽い・持ち運びが楽
  • 風除けのマイクスポンジは付属している
  • 音質はバランスが良い

SHURE MV88 のデメリットや残念なところ

  • 風に弱い(風除けのスポンジなどをつけないと厳しい)
  • ちょっとモロいかも(丁寧に扱えば大丈夫)
  • iPhoneのケースによっては外さないと取り付けられない
  • iPhoneの充電をしながらは使えない
  • やはり値段がちょっと高め
  • Roland R-07など、ちゃんとした専用レコーダーには音質で負ける

ZOOM iQ7 レビュー


ZOOM iQ7 のメリットや特徴

  • ゲインがマイクに付いていて手軽に調整できる
  • 指向性の角度調整もマイクに付属のスイッチで切り替えられる
  • マイクのサイドにイヤフォン用アウトプット端子もついている
  • マイク無しと比べると、音は格段に良くなる
  • 別途ICレコーダーなどを用意しなくてもiPhoneがあれば手軽に録音できる
  • 小さい・軽い・持ち運びが楽
  • 音質はMV88に比べるとちょっとクセを感じる
  • MV88よりはかなり安い
  • MV88より安いのに、音質はなかなか甲乙つけがたい
  • iPhoneのケースをつけたままでも装着できるらしい

ZOOM iQ7 のデメリットや残念なところ

  • 風に弱い(風除けのスポンジなどをつけないと厳しい)
  • ちょっとモロいかも(丁寧に扱えば大丈夫)
  • iPhoneの充電をしながらは使えない
  • Roland R-07など、ちゃんとした専用レコーダーには音質で負ける
  • Zoomのアプリ(高機能専用アプリケーションHandyRecorder)が致命的に使いにくい、機能的にダメ(SHUREとはここで明暗が別れるかも)

【個人的比較】SHURE MV88 vs ZOOM iQ7

【アプリ対決】
MV88の大きなメリットはアプリ(Motiv Audio)の出来の良さ。
ゲインや指向性、リミッターなどの設定をアプリでできる。
録音ファイル形式・ビットレート・サンプルレートも選択可能。
ちなみにAirDropでMacに録音データを共有も可能です。

対してZOOMの録音アプリ(高機能専用アプリケーションHandyRecorder)はUIが不親切だったり使いづらい。
致命的なのは、WAV形式で録音しても容量が25MB以上だと制限がかかりパソコンなどに送れないこと。
正確に言えば、25MBを超えるWAVファイルは送信できず、AACに変換しないと送れない。
AACに変換すること自体は問題がないのだが、最大ビットレートが160kbpsまでしかないため、せっかく良い音で録音してもAAC160kbpsへと劣化させて送信するしかない、というビックリ仕様。
※比較動画でもやむなくAAC160kbpsデータを使用した(ドンシャリ感があるのはそのせいかも…)。

さらに、ZOOMアプリはAirDropに対応していないため、パソコンに録音データを送ろうと思ってもメール添付で送るしかない(上限設定があるのは、多分このため)。

アプリはSHUREの圧勝。

───────────

【音質対決】
音質は正直甲乙つけがたく、好みによるアプリも含めて考えるとMV88がかなり有利、というのが結論です。

音質そのものについて、全体的にはSHUREの方が良いが、録音する音や状況によってはiQ7の方が良く聴こえる場合もあり。

iQ7は録音する対象によって音質のバラツキが大きい印象です。
低音がブーミーになりがちというか、ちょっとクセがあるようにも感じました。

MV88はどこでも、どんな音でも安定した印象。
(詳しくは比較動画をご覧ください。特に環境音で差が大きく出ました。)

録音時間が長くなると、iQ7は↑上記・ZOOMアプリの送信制限により『AAC160kbps強制変換』があるため、MV88がかなり有利です。

───────────

【価格対決】
iQ7の方がかなり安いので、勝ち。

MV88はお高めです。
RolandのR-07が買えてしまう値段なので、音質を追求する場合はR-07の方がオススメです。
音質を比較した印象では、R-07の方が格段に上、です。
持ち運び、録音の手軽さ、しかしそれなりの音質、を重視する場合はMV88もありです。


SHURE コンデンサーマイク MOTIVシリーズ MV88A iPhone iPad用 24bit/48kHz MV88A-A

Shureブランドの品質をクリアした高音質コンデンサーマイクです。使用感につきましては動画をご確認ください。
iPhoneやPadなどiOS端末に手軽に接続し、スマートフォン・タブレットでの高品質レコーディングを可能にしました。
ライブパフォーマンス、インタビュー、ビデオ用の音声、ボーカルや楽器のレコーディングなど、あらゆる状況におけるモバイル録音に適しています。
付属のウインドスクリーンでブレスノイズなどを大幅に削減。インタビューなどでよりクリアな収録が可能です。
無料のiOSレコーディングアプリでレコーディング、モニタリング、コントロール、および録音をサポートします。


ZOOM ズーム MSステレオマイクロフォン iPhone/iPad 用 iQ7

iPhone/iPad/iPod touchに接続するライトニングコネクタ タイプの高品質マイク
MSマイク方式の採用により、ステレオ幅のコントロールが可能
マイクに回転機構により、iPhoneのビデオ撮影時の音声マイクとしても使用可能
無償の高機能専用アプリケーションHandyRecorderで音声ファイルの編集が可能
遅延のないダイレクト音声モニターが可能( HandyRecorder使用時のみ)
iPhoneケースを装着したまま装着できるアジャスターを装備


RSS 2.0 Login