デザイン

左側が2018年モデル、右側が2020年モデル。2018年モデルはスマートフォリオが付いた状態です。


iPad Pro 2020の新旧スペック比較

2020年3月に新型のiPad Proが発売されたので比較してみました。

2018年モデルとの違いや進化した点、サイズやスペックなどの仕様から比べてみます。

仕様比較


モデル名 画面サイズ ディスプレイ 本体サイズ 厚さ カメラ Wi-Fi 重量(Wi-Fiモデル) チップ スピーカー数 Apple Pencil iPad キーボード 認証方式 端子 センサー
iPad Pro 12.92020(第4世代) 12.9インチ Liquid RetinaディスプレイTrue ToneProMotionテクノロジー 280.6 × 214.9 mm 5.9 mm 12MP広角/10MP超広角True Toneフラッシュポートレートモード Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax) 641 g A12Z 4 第2世代 Magic KeyboardSmart Keyboard Folio Face ID USB-C LiDARスキャナ3軸ジャイロ / 気圧計加速度 / 環境光センサー
iPad Pro 12.92018(第3世代) 12.9インチ Liquid RetinaディスプレイTrue ToneProMotionテクノロジー 280.6 × 214.9 mm 5.9 mm 12MP広角True Toneフラッシュポートレートモード Wi‑Fi(802.11a/b/g/n/ac) 631 g A12X 4 第2世代 Magic KeyboardSmart Keyboard Folio Face ID USB-C 3軸ジャイロ/気圧計加速度/環境光センサー


─────────────────────


おもな違い

カメラ

2018年モデル(旧型)とiPad Pro 2020年モデル(新型)で大きく違う点はカメラ性能です。
従来の10MP(1,000万画素)広角カメラに加えて、12MP(1,200万画素)の超広角カメラが追加されました。(iPhone11のカメラスペックと同じになった)

広角カメラが必要なユーザーさんは大歓喜かもしれません。
下の方で新旧のカメラ比較をしています。

また、2020モデルのカメラ部分に新たに搭載されるLiDARスキャナ※はARなど拡張現実サービスに対応しています。
※光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定し、距離を割り出す光センサー技術。最大5m先の対象物を認識してARなどに活用される。


左側が2018年モデル、右側が2020年モデル。


左側が2018年モデル、右側が2020年モデル。2020年モデルはシルバーにしてみた。おもな違いはカメラ部分。



・・・・・



カメラ以外の箇所での変更点

■■■ CPUとグラフィックとメモリ ■■■
2020年モデルはチップがA12Zに進化、高速化しました。
グラフィック性能に関しては、8コアのグラフィックプロセッサも搭載されています。
これにより、グラフィック性能を使用するアプリやゲームのパフォーマンスが向上します。

実際に違いが出るのは動画編集などの重い作業をする場合や、グラフィック性能を必要とするゲームなどでしょうか。

2018年モデルではストレージ容量が1TBのモデルのみ6GBのRAMが搭載され、他のストレージ容量では4GBのRAMが搭載されていました。
新型の2020年モデルではストレージ容量を問わず、6GBに統一されたようです。

『メモリの容量はけっこう大きいぞ!』
と思いましたが、まだその差を体感するには至っていません。
あえて重い作業を試してみて、ちょっと速くなったような気もしましたが、『プラシーボかも…』という印象が拭えないのが正直なところです。


■■■ 本体サイズ、画面サイズ、画面液晶、重さなど ■■■
本体サイズや画面サイズ、画面液晶に関しては、2020年モデルと2018年モデルに差はありません。
※ 同じサイズのモデル同士での比較

わずかに2020年モデルのほうが重い(新型 641g・旧型 631g)ですが、実際の使用上はほとんど気になりません。


■■■ Magic Keyboard ■■■
iPad Pro 2020年モデルの発表と同時に、トラックパッド付きのMagic Keyboardが発表されました。
新型の2020年モデルだけでなく旧型の2018年モデルもMagic Keyboardに対応しています。

トラックパッドが使えることでPCライクになり、よりMacの周辺機器とも親和性が増してきた印象です。

※Magic Keyboardは11インチ用、12.9インチ用それぞれにあり、11インチ用は3万1800円、12.9インチ用が3万7800円(税別)。

ちなみに従来のキーボード付きカバー・Smart Keyboard Folioもあります。
(2020年モデル用のがでています。)
2018年用のSmart Keyboard Folioを2020年モデルに合わせてみましたが、カメラ部分が合いません。
一応、キーボードは使えるのですがちょっと厳しい印象です。(カメラのところに傷とかつきそう)

■■■ Wi-Fi 6 ■■■
2020年モデルでは、次世代無線LAN規格のWi-Fi 6に対応したようです。
対応するWi-Fiルーターがあれば、高速なインターネット接続が可能になります。


従来のキーボード付きカバー・Smart Keyboard Folioもあります。2018年用のSmart Keyboard Folioはカメラ部分が合わないので、強引に使えなくはないですが厳しいです。


使用してみた正直な感想

………なし。



違いはほとんどありません!


重い作業をすれば別ですが、普段使いで違いがわかることは『全くない』と言っても過言ではないです。

普段、デザイン業務でiPad Proを使用していますが(絵描き用途が9割)、この使い方では違いは感じませんでした。
Procreateであえて大きいサイズの絵を描いてみたら、『うーん、違うかも』というくらいです。

動画編集での恩恵はありそうですが、動画作業はMacでやっているので違いを感じられませんでした。

2018年モデルのスペックが十分に高かった、とも言えるし、2020年モデルの進化がほとんどなかったとも言えます。



・・・・・


カメラ性能を比較してみた

2018年モデルと2020年モデルのカメラを比較してみました。

同じ場所で撮影をし、レタッチなどの画像編集はせず、サイズのみ縮小しています。


2020年モデル(新型)


2018年モデル(旧型):写真・左の方(建物の影)に逆光の影響が出ています


2020年モデル(新型)


2018年モデル(旧型)


2020年モデル(新型)


2018年モデル(旧型)


2020年モデル(新型)


2018年モデル(旧型)


2020年モデル(新型)


2018年モデル(旧型)


じっくり比べてみると、2020年モデル(新型)の方が
・わずかに逆光に強い(旧型の方がちょっとボンヤリしている?)
・明瞭
・彩度が高い

という印象がありますが、ソフトウェアの処理の違いかもしれません。


明確に画質が違う、とは言えないのではないかと。

カメラの性能を比較する目的のため上記ではアップしていませんが、『2020年モデル(新型)には超広角レンズもある』という点で、より広角な写真撮影ができることが明確な違いと言えそうです。



・・・・・


結局よくわからないので、ただただ新型を使って絵を描いてみた

Procreateでお絵描き

結局のところ、新旧の違いがよくわからなかった(体感できなかった)ので、ふてくされて新型を使ってProcreateでお絵描き。
ProcreateなしではiPadライフは成立しません。

で、絵を描いてみた結果、感じたこと。



─ 新型の方が上手く描けるような気がした ─


結局のところ、『やったぜ、新しいぜ!ヒャッホーーーッ!』とテンションが上がることがクリエイターの仕事の質を上げるのです。
気分転換とプラシーボ、精神的なフレッシュさ。

要は気分の問題です。


新型は『買い』です。

新型2020年モデルで描いてみた絵


オリジナル作品『Mojo Mojo Tangerine』



なんとなくラクガキ。大統領。政治的な意図はありません。







富山県南砺市井波


iPad Pro + After Effects

iPad Pro(2020) と Procreateでイラストを作成。
その後、Adobe After Effectsでアニメーションにしたもの。




・・・・・


15CAST

上記のほか、YouTubeの『15CAST』でiPad Pro 2020年モデルについての使用感やその他雑感などについて紹介しています。

15CASTはこちら


15CAST



・・・・・




最新モデル Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 1TB) - スペースグレイ (第4世代)

エッジからエッジまで広がる 12.9 インチ Liquid Retina ディスプレイ(ProMotion テクノロジー搭載、True Tone、P3 の広色域)
Neural Engine を搭載した A12Z Bionic チップ
12MP 広角カメラ、10MP 超広角カメラ、LiDAR スキャナ
7MP TrueDepth フロントカメラ
セキュア認証と Apple Pay のためのFace ID
4 スピーカーオーディオと 5 つのスタジオ品質マイクロフォン
802.11ax Wi-Fi 6


最新モデル Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 512GB) - スペースグレイ (第4世代)

エッジからエッジまで広がる 12.9 インチ Liquid Retina ディスプレイ(ProMotion テクノロジー搭載、True Tone、P3 の広色域)
Neural Engine を搭載した A12Z Bionic チップ
12MP 広角カメラ、10MP 超広角カメラ、LiDAR スキャナ
7MP TrueDepth フロントカメラ
セキュア認証と Apple Pay のためのFace ID
4 スピーカーオーディオと 5 つのスタジオ品質マイクロフォン
802.11ax Wi-Fi 6


Apple Magic Keyboard (12.9インチiPad Pro - 第3世代と第4世代) - 日本語(JIS)

まったく新しいMagic Keyboard は iPad Pro との相性が抜群です。
iPad 史上最高に打ちやすいキーボード、iPadOS での作業方法を広げるトラックパッド、充電用の USB-C ポート、バックライトキーを搭載。
しかもiPad の前面と背面をしっかり守ります。
新しいフローティングカンチレバーは、iPad Pro をマグネットで取りつけて、最も見やすい角度にスムーズに調整できるようにします。


最新モデル Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 1TB) - シルバー (第2世代)

エッジからエッジまで広がる 11 インチ Liquid Retina ディスプレイ(ProMotion テクノロジー搭載、True Tone、P3 の広色域)
Neural Engine を搭載した A12Z Bionic チップ
12MP 広角カメラ、10MP 超広角カメラ、LiDAR スキャナ
7MP TrueDepth フロントカメラ
セキュア認証と Apple Pay のためのFace ID
4 スピーカーオーディオと 5 つのスタジオ品質マイクロフォン
802.11ax Wi-Fi 6


Apple Magic Keyboard (11インチiPad Pro - 第1世代と第2世代) - 日本語(JIS)

まったく新しいMagic Keyboard は iPad Pro との相性が抜群です。
iPad 史上最高に打ちやすいキーボード、iPadOS での作業方法を広げるトラックパッド、充電用の USB-C ポート、バックライトキーを搭載。
しかもiPad の前面と背面をしっかり守ります。
新しいフローティングカンチレバーは、iPad Pro をマグネットで取りつけて、最も見やすい角度にスムーズに調整できるようにします。


Apple Pencil(第2世代)

iPadProのための新しいApplePencilは直感的で、精密で、魔法のよう。メモを取るのも、文書を書くのも、絵を描くのも、これまで以上に快適になります。
iPadProにマグネットで装着でき、ワイヤレスで充電できるので、必要な時にいつでも使えます。
使いたいツールの切り替えはダブルタップするだけなので、とても簡単。
11インチiPadProと12.9インチiPadPro(第3世代)に対応しています。


デザイン

オススメのコンテンツ

人気の記事ベスト6